会社概要
木田バルブ・ボールTOP > 会社概要

代表者挨拶

代表者挨拶

1964年の創業以来長きにわたり、バルブボール及びバルブ周辺部品を広く産業社会に供給してまいりました。
お蔭様で国内では、大手バルブメーカ様をはじめ業界においても絶大なる信頼を得ることできました。

特に、ステンレス以上の難加工材質を中心に加工研究開発を進めてまいりましたことで、現在の加工技術が確立したものと考えます。今後も更なる技術革新を重ね、お客様のニーズにお応えできる製品を供給し続けてまいります。尚一層のご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

世界最高レベルの品質を低価格で実現することでお客様のニーズに応えていきます。

代表取締役社長 木田浩史

経営理念

従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、バルブ業界の発展と広く産業社会に貢献すること。

品質方針

真心を込めたものづくりに徹し、お客様が安心できるものを提供する。

環境方針

地球環境に配慮し、限りなく廃棄物ゼロをめざし運営する

木田バルブ・ボールでは自社にソーラーシステムを設置しています。
また、太陽光発電によって電力を自社で作り出しています。

ソーラー発電パネル
ソーラー発電パネル
太陽光発電システム
太陽光発電システム

会社概d要

会社名 木田バルブ・ボール株式会社
代表者名 代表取締役社長 木田浩史
営業日・営業時間 平日8:00〜16:45
本社・工場 〒578-0932
東大阪市玉串町東3丁目1番36号
TEL:072-963-2441
FAX:072-963-5812
三重鍛造工場 〒518-1314
三重県伊賀市円徳院273
TEL:0595-43-0016
FAX:0595-43-1612
対応地域 日本全国・輸出可能な全世界
資本金 4,500万円
社員数 80名
事業内容 ボールバルブ用弁体ボールの製造販売
熱間型打鍛造品の製造販売

会社沿革

昭和39年6月 木田義一が個人企業として創業
昭和47年12月 本社工場新設 株式に改組 資本金4,500万円
昭和55年10月 第二工場新設
昭和55年10月 三重鍛造工場新設
昭和56年9月 貿易部門開設
平成22年4月 取締役会において役員改選、
前社長が会長となり木田浩史が代表取締役に就任
平成22年5月 第三工場新設

会社案内動画

アクセスマップ

本社航空写真

本社航空写真

ステンレスバルブボール・ステンレスボールのことならお任せください!

お問い合わせはこちら